W3C XHTML 1.0 Transitional認証済
Google
ひとつ前の写真へ 続いての写真へ
マセラティギブリ最終型 外観画像

ネロシデラル:黒メタのギブリ。内装タンのものは特に稀少です。photo1/34

マセラティギブリ最終型 外観画像

ネロ系塗色はガンディーニルックを一層シャープに際立たせます。photo2/34

マセラティギブリ最終型 外観画像

トランクの面、フェンダーの張り、すべては天才の計算による形。photo3/34

マセラティギブリ最終型 外観画像

当然のように、ほかの何にも似ていない、孤高のフォルム。photo4/34

マセラティギブリ最終型 外観画像

この写真撮影の際も、通りすがりの方が見惚れていました。photo5/34

マセラティギブリ最終型 外観画像

それくらいに、現車からは漂うオーラが違います。photo6/34

マセラティギブリ最終型 外観画像

拙いデジカメ撮影写真では、この深みが出ていないのが残念至極。photo7/34

マセラティギブリ最終型 外観画像

素敵な背景やスポットライトのあるショールームで撮影してみたい。photo8/34

マセラティギブリ最終型 外観画像

エンジンフードへの映り込み状態。photo9/34

マセラティギブリ最終型 外観画像

トランクフード周りへの映り込み状態。photo10/34

マセラティギブリ最終型 内装前席左側画像

すいません。撮影時にビニールシートをめくり忘れました。photo11/34

マセラティギブリ最終型 内装前席右側画像

助手席側のカットはいつも通り。美しいタン革装をご堪能ください。photo12/34

マセラティギブリ最終型 内装運転席拡大画像

運転席拡大写真。photo13/34

マセラティギブリ最終型 内装助手席拡大画像

助手席拡大写真。photo14/34

マセラティギブリ最終型 内装右手より後部座席画像

リアシート(助手席側より)。photo15/34

マセラティギブリ最終型 内装左手より後部座席画像

リアシート(運転席側より)。photo16/34

マセラティギブリ最終型 天井画像

天井アルカンタラ(助手席側より)。photo17/34

マセラティギブリ最終型 天井画像

天井アルカンタラ(運転席側より)。photo18/34

マセラティギブリ最終型 リアトレー画像

リアトレーアルカンタラ。photo19/34

マセラティギブリ最終型 メーター画像

法人ワンオーナー。もちろん実走行。完全車庫保管。20/34

マセラティギブリ最終型 左ドア内張り画像

新車時のまま残されたビニールシートが残存。photo21/34

マセラティギブリ最終型 右ドア内張り画像

ウッドパネルの輝きに往時が偲ばれます。photo22/34

マセラティギブリ最終型 左フロントホイール画像

美しさを保っている純正16インチ。photo23/34

マセラティギブリ最終型 左リアホイール画像

純正ホイールにありがちな「糸サビ」もありません。photo24/34

マセラティギブリ最終型 右フロントホイール画像

タイヤは納車時に交換をお奨めいたします。photo25/34

マセラティギブリ最終型 右リアホイール画像

このハイグリップタイヤより乗り味重視タイプがお奨め。photo26/34

マセラティギブリ最終型 エンジンルーム正面画像

息を飲む、エンジンルームの美観はビトルボ乗りの愉悦。photo27/34

マセラティギブリ最終型 エンジンルーム正面拡大画像

もう少し近くに寄ってみましょう。photo28/34

マセラティギブリ最終型 エンジンルーム右斜め前方画像

当店では、どこから眺めても隙のない仕上げを目指します。photo29/34

マセラティギブリ最終型 エンジンルーム左斜め前方画像

美しいエンジンを眺める事での、ヒーリング効果も期待。photo30/34

マセラティギブリ最終型 エンジンルーム右側面画像

意外と珍しいエンジンルームサイドからのカットを。photo31/34

マセラティギブリ最終型 エンジンルーム左側面画像

低い位置に落としこまれたレイアウトがわかります。photo32/34

マセラティギブリ最終型 エンジンヘッド拡大画像

エンジンの美観は結晶塗装の状態に掛かっています。photo33/34

マセラティギブリ最終型 外観正面画像

ぜひ、ハイパーレベルのギブリをご堪能ください。photo34/34

Maserati Ghibli final model

マセラティ ギブリ最終型

御売約、感謝!鋭意納車準備中

ディーラー車 ネロシデラル/タン革
(初年度登録年)1999 (車検)検25年3月 (走行距離)30200Km
左ハンドル 4AT フル装備 純正アルミ 法人ワンオーナー車 整備記録明細付 事故修復歴無し
先月号の「GooWorld誌(P42:HUNTER CLUBコーナー)」で絶賛記事掲載中のマセラティギブリ、現車がコレです。 今こそギブリに癒されたいと願うあなたに、そっと心を込めてお届けいたします。とにかく素晴らしいコンディションです。 このマシンは御来店の上でぜひご覧になってください。真価がお分かりになって頂けると思います。長い間程度の良いギブリをお探しであった方はぜひお声をお掛けください。 貴方のご予算に合わせて整備内容を斟酌しリーズナブルにお届けすることも出来ますし、「永久保存モード(笑)」に造り込むことも可能です。ぜひ「本物」の価値、専門店品質を御体感ください。

マセラティギブリ最終型をさらに深く考察したい向きは

ここからマセラティギブリ詳細説明へどうぞ

ビトルボ期マセラティの全体像については、マセラティ車種別解説トップページよりご覧ください。
  • マセラティ3200GT(マセラティ3200GT)
  • マセラティクアトロポルテ エボルツオーネ(マセラティクアトロポルテエボルツオーネ)
  • マセラティクアトロポルテ(マセラティクアトロポルテ)
  • マセラティギブリ ギブリカップ(マセラティギブリカップ)
  • マセラティシャマル(マセラティシャマル)
  • マセラティカリフ(マセラティカリフ)
  • マセラティスパイダーザガート(マセラティスパイダーザガート)
  • マセラティ222(マセラティ222SE)
  • マセラティ430(マセラティ430)
  • マセラティ228(マセラティ228)
  • マセラティビトルボ(マセラティビトルボ)
  • マセラティビトルボスパイダー
  • マセラティビトルボ425
  • 在庫車情報トップに戻る
  • マイクロ・デポ株式会社 マセラティと旧車の専門店 〒179-0071 東京都練馬区旭町1-41-16 TEL:03-5968-4717 FAX:03-5968-4718

当コーナーにおける、マセラティ各車種 便宜上の分類と年式の表記について

マセラティ各車種 便宜上の分類

 マセラティの各車種は、複雑にマイナーチェンジを繰り返してきた上に過渡期的モデルも多く存在するため、とある特定の仕様を文章で端的に表現するのが困難な側面がありました。そこで当店では国内の中古車市場における呼称慣例を加味しつつ、独自の表現によりそのマイナーチェンジによる相違を分類、呼称しております。
(例 fiast-model:最初期型 Ple-model:前期型 Post-model:後期型 final-model:最終型など)

マセラティ各車種 年式の表記

 マセラティ車すべての年式表示は、従来の日本国内の中古車市場における慣例に従い、「初年度登録年」とさせて頂いております。中古並行輸入車の場合も本邦における「初年度登録年」を表記しております。各個体の実際の製造年およびモデルイヤーとは必ずしも附合しておりませんことを、あらかじめ御理解くださいませ。
このコーナー以下の個々の在庫車に関する詳細説明ゾーンもすべて上記の分類表記に則り記述されております。マセラティ車購入を具体的に御検討の折は、特に御留意ください。

詳しくはマセラティ各車の変遷と総合解説より御参照ください。

マセラティ社製造のストラダーレ(公道走行可能車)に関しては新旧全車種すべての御用命を承ります。

 思い立ったら、まずはご来店を。マセラティを手にする喜びをたくさんの御客様とともに分かち合ってまいりたいと願っております。御構想が何年か先のお話でも、マセラティを希求する真面目な姿勢を示してくださるなら大歓迎です。現在の当店ユーザー諸氏の中には、「数年がかりで」商談を続けた上で意中のマセラティを手にされた方々が大勢いらっしゃいます。どうぞ、お気軽にご希望をお聞かせください。

Return to page top