W3C XHTML 1.0 Transitional認証済
Google
ひとつ前の写真へ 続いての写真へ
マセラティ228 外観左前方画像

マセラティ228、ビトルボ全シリーズ中のフラッグシップモデル。photo1/36

マセラティ228 外観右前方画像

圧倒的に「静かな存在感」を発揮しています。photo2/36

マセラティ228 外観右後方画像

直線と曲面が織りなす、光彩の妙をお楽しみ頂けます。photo3/36

マセラティ228 外観左後方画像

ウェッジの効いたハイデッキスタイルはガンディーニルックの原典。photo4/36

マセラティ228 外観左前方画像

凝りに凝った造形のフロントマスク。photo5/36

マセラティ228 外観右前方画像

フロント周りはすべて228専用品で纏められております。photo6/36

マセラティ228 外観右後斜方拡大画像

228では、リアバンパーも専用のものを奢っています。photo7/36

マセラティ228 外観左後斜方拡大画像

御馴染のアンサ4本出しマフラーが存在を静かに主張。photo8/36

マセラティ228 外観正面俯瞰画像

漆黒のボディは、いつも見る者を魅了いたします。photo9/36

マセラティ228 外観後正面俯瞰画像

228特有の小さなロゴエンブレム書体も洒脱です。photo10/36

マセラティ228 内装(運転席側)画像

室内の幅は、他のビトルボを超える余裕があります。photo11/36

マセラティ228 内装(助手席側)画像

228専用設計のシートは、ゆったりと包み込まれる掛け心地です。photo12/36

マセラティ228 運転席シート拡大画像

この写真写りは良すぎています(笑)が、納車時にはこれ以上に。photo13/36

マセラティ228 助手席シート拡大画像

嗚呼、すべてが仕上がった状態を一度見てみたい。photo14/36

マセラティ228 リアシート(運転席側より)画像

2ドアクーペですが、フル4シーターです(乗車定員は5名)。photo15/36

マセラティ228 リアシート(助手席側より)画像

大人4人がゆったりと寛いで移動できます。photo16/36

マセラティ228 天井アルカンタラ画像

ステッチの入った天井部はスペシャルモデル特有のもの。photo17/36

マセラティ228 メーター画像

ここでしっかり手を入れ直せばまだまだの走行距離。photo18/36

マセラティ228 ダッシュボード画像

レストア時にはこのアルカンタラも張替可能です。photo19/36

マセラティ228 リアトレー画像

数年前に張り替えられ、その美しさを保っております。photo20/36

マセラティ228 左ドア内張り画像

サイドのアルカンタラにドレープを施しているのは228のみ。photo21/36

マセラティ228 右ドア内張り画像

内張りのベース素材もFRP製で、クアトロポルテの原典的造り。photo22/36

マセラティ228 左クォーター内張り画像

クォーター内張りには小物入れを装備。photo23/36

マセラティ228 右クォーター内張り画像

さすがにワインクーラーではありませんが(笑)。photo24/36

マセラティ228 エンジンルーム画像

頑張ってきたエンジン、納車時には超絶オーラを出させます。photo25/36

マセラティ228 ホイール画像

他の15インチディッシュ型と同じに見えますが、左フロントホイール。photo26/36

マセラティ228 ホイール画像

ホイールオフセットは228専用設計を採用。左リアホイール。photo27/36

マセラティ228 ホイール画像

細かいところまで専用品を奢る、右フロントホイール。photo28/36

マセラティ228 ホイール画像

それこそが、フラッグシップスペシャルの証。右リアホイール。photo29/36

マセラティ228 外観左前方拡大画像

ヘッドライトベゼルとフロントマーカー周り。photo30/36

マセラティ228 外観右前方拡大画像

ベゼルの下にスリットが設けてあるのも特徴的です。photo31/36

マセラティ228 外観左側面画像

サイドビュー。ウェッジシェイプをやんわりと曲面で包んだ造形。photo32/36

マセラティ228 外観右前方下方より拡大画像

凝った造りのバンパー下部グリルにもご注目。photo33/36

マセラティ228 外観左前方下方より画像

こういったあたりが、通常の写真ではなかなか分かりにくいところ。photo34/36

マセラティ228 外観正面画像

美しいフロントグリルも228専用設計。威厳のあるフロントビュー。photo35/36

マセラティ228 外観後正面画像

走り去る後ろ姿が、何かを残していく様。この艶姿いつまでも。photo36/36

Maserati 228

マセラティ 228

御売約、感謝!鋭意納車準備中

ディーラー車 ネロマセラティ/アイボリー革
(初年度登録年)1990 (車検)検2年取得 (走行距離)55000Km
左ハンドル 4AT フル装備 純正アルミ ETC 整備記録明細付 事故修復歴無し
 長らくお待たせいたしましたが、一部のビトルボフリークに絶大な人気(?)を誇るにも関わらず、そのボディサイズの大きさゆえに、皆様よりなかなかご購入に踏み切って頂けないと(泣)いう「幻のビトルボ」こと228がついに入荷いたしました。 昨年行なわれた世紀のイベント「ビトルボフェスタ」にも、この228だけが一台も参加に至りませんでしたので、そのマボロシ度合いも群を抜いております。長くお付き合いのある当店ユーザーからの下取り車に付き、現状でも各部の機能的は好調を維持しております。 さすがに車齢も20年を越えて特に内装などは、よくよく見ると超絶のオーラ(上の写真では、とてもキレイに見えますが)とは云い難くなっております。しかしながら履歴のキチンとした、しかも今まで定期的に手を入れつつ動態を保ってきた個体が極めて少ない228においては、上質個体の部類に入ると思います。この個体をベースに徹底的なレストア 作業を施すのが「パーフェクトな228造り」への一番の近道だと考えております。どなたか手を挙げてくださいませんか(笑)。 当店所有の228専用純正パーツの数々と「ビトルボ造り」のすべてのノウハウを傾注いたしまして、超絶オーラの再現と高い信頼性を獲得を目指してまいります。皆様の立候補(笑)をお待ち申しあげております。

マセラティ228をさらに深く考察したい向きは

ここからマセラティ228詳細説明へどうぞ

ビトルボ期マセラティの全体像については、マセラティ車種別解説トップページよりご覧ください。
  • マセラティ3200GT(マセラティ3200GT)
  • マセラティクアトロポルテ エボルツオーネ(マセラティクアトロポルテエボルツオーネ)
  • マセラティクアトロポルテ(マセラティクアトロポルテ)
  • マセラティギブリ ギブリカップ(マセラティギブリカップ)
  • マセラティシャマル(マセラティシャマル)
  • マセラティカリフ(マセラティカリフ)
  • マセラティスパイダーザガート(マセラティスパイダーザガート)
  • マセラティ222(マセラティ222SE)
  • マセラティ430(マセラティ430)
  • マセラティ228(マセラティ228)
  • マセラティビトルボ(マセラティビトルボ)
  • マセラティビトルボスパイダー
  • マセラティビトルボ425
  • 在庫車情報トップに戻る
  • マイクロ・デポ株式会社 マセラティと旧車の専門店 〒179-0071 東京都練馬区旭町1-41-16 TEL:03-5968-4717 FAX:03-5968-4718

当コーナーにおける、マセラティ各車種 便宜上の分類と年式の表記について

マセラティ各車種 便宜上の分類

 マセラティの各車種は、複雑にマイナーチェンジを繰り返してきた上に過渡期的モデルも多く存在するため、とある特定の仕様を文章で端的に表現するのが困難な側面がありました。そこで当店では国内の中古車市場における呼称慣例を加味しつつ、独自の表現によりそのマイナーチェンジによる相違を分類、呼称しております。
(例 fiast-model:最初期型 Ple-model:前期型 Post-model:後期型 final-model:最終型など)

マセラティ各車種 年式の表記

 マセラティ車すべての年式表示は、従来の日本国内の中古車市場における慣例に従い、「初年度登録年」とさせて頂いております。中古並行輸入車の場合も本邦における「初年度登録年」を表記しております。各個体の実際の製造年およびモデルイヤーとは必ずしも附合しておりませんことを、あらかじめ御理解くださいませ。
このコーナー以下の個々の在庫車に関する詳細説明ゾーンもすべて上記の分類表記に則り記述されております。マセラティ車購入を具体的に御検討の折は、特に御留意ください。

詳しくはマセラティ各車の変遷と総合解説より御参照ください。

マセラティ社製造のストラダーレ(公道走行可能車)に関しては新旧全車種すべての御用命を承ります。

 思い立ったら、まずはご来店を。マセラティを手にする喜びをたくさんの御客様とともに分かち合ってまいりたいと願っております。御構想が何年か先のお話でも、マセラティを希求する真面目な姿勢を示してくださるなら大歓迎です。現在の当店ユーザー諸氏の中には、「数年がかりで」商談を続けた上で意中のマセラティを手にされた方々が大勢いらっしゃいます。どうぞ、お気軽にご希望をお聞かせください。

Return to page top